スマイルな暮らし

あれこれ考えながら暮らしを楽しむ日々を綴ります

夏旅①【上高地・白川郷・飛騨高山】

 

             f:id:smile-sunflower:20180830135850j:plain

8/14~18、4泊5日で中部地方の旅へ行きました。

夏はキャンプ場テント泊が定番で、今年は奥飛騨にある『平湯キャンプ場』を3ヶ月前に予約しました。

  一日目

 初のフリーサイト利用&お盆時期で、テント張るスペースあるのか…と不安でしたが、昼ごろに到着して車でサイト内をまわるとポツポツ空いている場所もあり、最適なスペースを見つけられました。

   f:id:smile-sunflower:20180830143136j:plain

木々に囲まれ自然を感じられる心地のよいキャンプ場です♪

テントを張ってすぐ、車で30分ほどの場所にある飛騨大鍾乳洞へ向かいました。

あと少しで到着という所で駐車場待ちの渋滞が発生…。ようやく車が止められて鍾乳洞へ入るとヒンヤリとした空気とライトアップされた幻想的な世界が広がっていて素晴らしかったです。(…が鍾乳洞内も第一出口を少し進んだあたりから渋滞…人気スポットですね。)

 

夜になるとザーザーと雨が…翌日の天気が不安でしたが、晴れて差し込む光がとてもキレイな朝を迎えました。

           f:id:smile-sunflower:20180830150529j:plain

二日目

 キャンプ場から歩いて10分程の場所にある平湯バスターミナルから上高地行きのバスが出ています。おにぎりとスープで朝食を済ませ、8時乗車を目指して出発です。

バスターミナルへ着くとバスは満員でしたが、すぐに増発のバスが来て乗車出来ました。20分ほど乗って大正池へ到着。うっすらと朝もやが湖上に残っていていました。

    f:id:smile-sunflower:20180830151617j:plain

    f:id:smile-sunflower:20180830154234j:plain

空気も水も澄んでいて、雄大穂高連邦も望むことができ、心癒される景色を堪能。。

          f:id:smile-sunflower:20180830154402j:plain

こどもたちは川辺に行くとひたすら石投げを楽しんでいました。

ゆっくりな散策で、2時間半程かけて河童橋まで来るとたくさんの人…まだ11時だけれど近くの食堂はすでに列が…。

早めの昼食の後はバスに乗り帰路につきました。正午を少し過ぎたくらいで、バス停にはもう列が出来ていました。

 

平湯まで戻るとザーザーの雨!!雨具は持っていたけれど、100m程歩くと靴はもうびしょ濡れ…山の気候ってほんと急変しますね。。

テントへ戻り、車ですぐに温泉『ひらゆの森』へ…すっきりリフレッシュできました。

 

キャンプ場で割引チケットを買えるので、大人400円ととても安く広々とした温泉を堪能できます。毎日こちらを利用しました。

平湯の温泉は草津程では無いけれどなかなか熱いです。大人には心地よいですが、4歳の娘は内湯は入ってくれず…露天の少し温度が低いお湯を見つけて入浴しました。

3日目

 白川郷に向けて7時前に出発です!!

前日にスーパーで買ったパンを車内で食べながら…2時間ほどの道のり…渋滞も覚悟していましたが、割とスムーズに9時前に白川郷のせせらぎ駐車場に到着できました。

駐車場から橋を渡り対岸へ行くとタイムスリップしたかの様な風景…展望台行のシャトルバスに乗り、山の上から町を見下ろすと里山の穏やかな景色広がっていました。

  f:id:smile-sunflower:20180831095356j:plain

 展望台からは坂道を歩いて下って集落を散策です。こどもたちは所々に張り巡らされた水路に傘を突っ込んでは水の流れを楽しんでいました。

        f:id:smile-sunflower:20180831095534j:plain

        f:id:smile-sunflower:20180831095901j:plain

        f:id:smile-sunflower:20180831101835j:plain

 国指定重要文化財の『和田家』を見学です。築300年の合掌造りの家屋。和田家代々で使用された数々の民芸品も展示されていました。

        f:id:smile-sunflower:20180831103313j:plain

茅葺屋根の家では家屋のいろりなどで火を焚くことによって、ススが柱や梁に付着して耐久性が向上し、また煙の成分が茅や木材をコーティングして防菌、防虫に優れた効果を発揮するそうです。

        f:id:smile-sunflower:20180831104052j:plain

 腰付の縦繁障子。最近は住宅になかなか障子を取り入れることが少なくなりましたが表情豊かな空間になりますね。古民家の良さをしみじみ感じます。

 

 白川郷の後は車で1時間ほどの飛騨高山へ向かいます。途中道の駅『ななもり清美』で飛騨牛焼肉ランチを頂きました。

        f:id:smile-sunflower:20180831105000j:plain

 飛騨高山に到着、まずは『高山陣屋』を見学。

 明治維新以降、高山陣屋の建物は高山県庁舎などとして使用されていた様ですが、その後高山陣屋の保存の動きで16年の歳月と約20億円という費用をかけて、平成8年3月に修復・復元が完成したそうです。

        f:id:smile-sunflower:20180831105640j:plain

 玄関入ってすぐの大床には青海波が描かれています。無限に広がる波模様は未来永劫続く繁栄と平和への願いが込められているそうです。

        f:id:smile-sunflower:20180831105820j:plain

        f:id:smile-sunflower:20180831112609j:plain

        f:id:smile-sunflower:20180831112813j:plain

        f:id:smile-sunflower:20180831112830j:plain

        f:id:smile-sunflower:20180831112904j:plain

 茶室なども見事に復元されていて、細部まで見どころ満載な空間✨

御蔵には様々な資料が展示されていて、その時代を感じさせられとても興味深い内容でした。

 

 陣屋を後に『さんまち通り』を散策、素敵な街並みです。

        f:id:smile-sunflower:20180831113530j:plain

 町家カフェの『喫茶去かつて』でティータイム、2階の席が空いているとの事で急階段を上がります。店内の眺めも良く、窓からは街を見下ろす事もでき、ゆったりとおいしいスイーツを頂きました。

        f:id:smile-sunflower:20180831113816j:plain

        f:id:smile-sunflower:20180831114414j:plain

 その後もさんまち通り周辺をお店巡りながら散策、風情のある街並みを堪能しました。

 

 キャンプ場へ帰る途中で『自然薯料理 茶茶』で夕食を頂きました。

 200年以上前に建築された五箇山より移築された合掌造りの家屋で頂く自然薯の山かけ、飛騨牛朴葉味噌焼きや小鉢もたくさんついている御膳、とても美味しかったです。

     f:id:smile-sunflower:20180831121111j:plain

 

4日目(奥飛騨

  今日でテントは撤収、前日夜は激しい雨でしたが、朝には晴れてテントなどは濡れたままながらもスムーズに撤収完了。

 次の目的地へ行く前に近くの『平湯大滝』を見に移動です。

駐車場から上り坂を歩く事15分ほど…その壮大な姿が見えてきました。平湯川にかかる幅6m、落差64mの滝。水の量も豊富ですごい迫力!マイナスイオンが気持ち良い。        

        f:id:smile-sunflower:20180831145137j:plain

  ことあとは、岐阜を南下して多治見へ(夏旅②へ続きます)